個人再生を相談する.com

MENU

個人再生を相談する.com

借金が返済できなくなったとき、破産しないで再出発を計る方法のひとつが個人再生です。個人再生を利用するには、債務の総額が5000万円を超えないことや、将来にわたって継続的な収入があること等の条件が必要です。個人再生が上手くいった場合、借金が5分の1まで減額された上に、3年間の分割払いで返済すればよくなります。また住宅ローンが残っていても、家を売却せずに済むというメリットもあります。
このように効果の大きな制度ですが、裁判所が絡んでくるために、法律的な手続きはきわめて複雑になります。債権者の同意が得られなかったり、書類に不備があって手続きが無効になったりすると、個人再生は失敗し自己破産するしかなくなってしまいます。ですから法律的な知識によほど自信のある人以外は、弁護士や司法書士に相談するのが無難でしょう。
裁判所によっても違いますが、自分で個人再生する場合には、個人再生委員に対して30万円ほどの報酬を支払わなければなりません。司法書士に依頼しても同程度の報酬が必要です。弁護士に依頼すると50万円程度かかりますが、裁判所や債権者との交渉をすべて任せることができます。借金の額にもよりますが、専門家に相談するメリットは小さくないと言えます。
多くの法律事務所では、電話やメールで個人再生に関する問い合わせを受け付けています。相談だけなら無料の場合が多いので、迷ったらとりあえず電話してみてはいかがでしょうか。

 

個人再生の相談と言うのは、法律事務所で行われている借金相談を行った際に、債務整理を行う事になり、債務整理の手法の一つでもある個人再生により借金を整理していくと言う意味になります。

 

債務整理には、任意整理を初め、個人再生や特定調停、自己破産などの方法が用意されており、債務者の収入、借金をしている期間、借金の金額、住宅などの所有の有無などの状況に応じて、法律の専門家でもある弁護士が債務者にとって最適な方法を検討し、相談内容に応じて債務整理の手法を考えてくれるのです。

 

尚、法律事務所では借金を抱えている人の中で返済が困難になってしまった人や、借金の返済が中々終わらず、借金が減らないなどの借金問題の相談を無料で実施している所が多く在ります。

 

問題を抱えている人が多い事からも、問題解決による相談を行う法律事務所が多いのですが、その多くは過払い金の返還請求などによるものだと言います。

 

過払い金と言うのは過去に返済を行ったお金に含まれている過剰利息であり、過剰利息を債権者に対して返還を求める事を過払い金返還請求と呼びます。
また、この過払い金返還請求は個人再生などの債務整理の中でも行われるケースが多く、過去に支払い続けた利息を取戻し、借金の元金を減らすことも可能になっているのです。

 

尚、個人再生の手続きの中で、最初に過払い金の返還請求を行うため、債権者に対して取引履歴の開示を求め、引き直し計算を行って過剰利息を算出し、それを債権者に対して請求をする流れになります。

更新履歴