必見!個人再生にはこんなデメリットが…

必見!個人再生にはこんなデメリットが…

MENU

必見!個人再生にはこんなデメリットが…

冠婚葬祭が続いたり、趣味や旅行でまとまったお金が必要になったり、はたまた生活費が苦しくなったりという時に賃金業者は強い味方となってくれますが、使い方を少し間違ってしまうと多額の借金を背負ってしまうこともあります。
とても自分では返済していくことのできない借金を作ってしまった場合、自分の人生はもうおしまいだと途方に暮れてしまうでしょう。
しかし、このような借金問題で苦しんでいる人のために法律で守られた債務整理という制度があります。
債務整理には任意整理や特定調停、自己破産のほかに2001年度にスタートした個人再生という債務整理があります。
個人再生は任意整理と自己破産の間をとったようなものであり、マイホームや車などを手放さなくても借金の総額から大幅に減額することができるのです。
また、自己破産などでは借金の理由がギャンブルなどの場合だと免責は下りませんが、個人再生は借金の理由が問われないということもメリットです。
逆に個人再生のデメリットといえば3年間しっかりと返済していかなければ、失敗に終わるこということです。
また、官報に住所や氏名が載ってしまうのでヤミ金業者からダイレクトメールが届いてしまう恐れがあることもデメリットですが、一般の人は目を通すことはないので他人に知られることはないでしょう。
同時にブラックリストにも載ってしまうので5~7年間はローンが組めなかったりクレジットカードを発行できなくなります。
しかし、このデメリットは金銭管理をしっかりと身につけるチャンスととらえる良い機会とも言えます。