個人再生すると官報に載る?周りにバレる?

個人再生すると官報に載る?周りにバレる?

MENU

個人再生すると官報に載る?周りにバレる?

個人再生は、任意整理よりも多くの金額を減らすことができ、尚且つ自己破産よりもデメリットの少ない方法です。
持ち家を残しながら借金が軽くなるので、メリットの大きい方法と言えるでしょう。
ただしメリットの大きい個人再生にも、任意整理よりデメリットとなる部分もあります。
任意整理にはないデメリットとは、官報に掲載されることです。
官報とは、国が発行している機関誌です。
休日以外の毎日発行されており、さまざまな情報が掲載されています。
それらの掲載されている情報の中には、個人再生手続きによって債務整理した人の住所や名前も含まれています。
つまり、個人再生手続きによって債務整理をすると、官報によって全国的に住所や名前を知られてしまうわけです。
任意整理の場合には、官報に従者や氏名は掲載されません。
そのため、誰にも知られることなく債務整理ができます。
しかし個人再生の場合には、会社や近所の人に知られる可能性がアップします。
債務整理をすることは、誰にも知られたくない人がほとんどでしょう。
そうした人々にとっては、官報に記載される個人再生のデメリットは大きなものになるのです。
ですが、官報に記載されるデメリットについては、心配することはありません。
一般の人で官報を読む人はほとんどいませんし、そもそも個人再生によって借金が減ることに比べれば、些細なデメリットです。
デメリットよりも、大きなメリットに目を向けるべきでしょう。