個人再生の手続きの流れや期間は?

個人再生の手続きの流れや期間は?

MENU

個人再生の手続きの流れや期間は?

債務整理には任意整理を初め、自己破産、個人再生、特定調停と言った方法が有ります。
これらの方法は、債務者である人の状態を考慮し、弁護士などが債務整理を行う際に検討をし、手続きを進めていく事になるのが特徴です。

個人再生と言うのは裁判所を通じて行う債務整理です。
任意整理とは異なり、裁判所に対し再生計画書を提出します。
この再生計画書を裁判所が認めると個人再生の手続きが開始されると言う流れになります。

自己破産の場合は、裁判所に対して破産の申し立てを行い、申し立てが許可されることで手続きが開始されることになるわけです。

尚、自己破産の場合は浪費などが原因で借金をし、それの返済が出来なくなって債務整理をした場合、自己破産は浪費が原因での債務整理は出来ませんので、申立てを行う事で却下されてしまいます。

これに対し、個人再生は借金をした理由に関係なく、債務整理を行うことが出来るのが特徴です。
また、マイホームを所有している場合、自己破産ではマイホームを競売にかけて処分をしなければなりませんが、個人再生はマイホームを処分する事無く債務整理を進めていくことが出来ると言った特徴を持っています。

尚、裁判所が再生計画を認めることで、住宅ローンを除く借金が減額されることになりますが、減額後の借金は3年から5年の期間をかけて返済を行う事になります。
但し、個人再生は借金が5分の1に減額されるのが特徴で、減額後の借金の利息も引き下げられるため、返済が楽になると言うメリットも有るのです。